東洋大学文学部の偏差値や特徴、入試情報を詳しく解説!

東洋大学文学部の偏差値

東洋大学文学部の偏差値

東洋大学文学部の偏差値は、学科にもよりますが概ね50前後と言われています。難関私大ではなく中堅私大のくくりですすが、都心部の私大が合格者を絞り始めていますので合格しにくくなっていることでも有名です。

有名難関次第の滑り止めで受験する生徒が多いため、有名私大よりも倍率が高くなりがちな傾向にあり、模試で合格ラインにいるからと言って安心できないという特徴もあります。

難関私大の滑り止めで受ける生徒は学力が高めですので、東洋大学文学部を受験する際はワンランク上の大学または学科を受けるつもりで臨まないと合格は望めないといわれています。

人気大学の人気学科ですので、偏差値が50代前半だからと行って同じ程度の学力では合格が厳しいのが実情です。

東洋大学文学部の特徴

東洋大学文学部の特徴

東洋大学の文学部は、白山キャンパスにあり、哲学科、東洋思想文化学科、日本文学文化学科、英米文学科、史学科、教育学科、国際文化コミュニケーション学科の7つの学科があります。

東洋思想文化学科、日本文学文化学科、教育学科には、イブニングコースも設置されています。特徴は、少人数制のゼミによる演習に力を入れたキメの細かな教育です。

大学全体の理念である「諸学の基礎は哲学にあり」を受け継いで、社会のあらゆる分野、あらゆる地域で活躍できる人材を育てることを目標に掲げています。

「読む力」「書く力」「考える力」の育成を重視し、基礎教育、文学部基盤科目、専門科目をもとにしたカリキュラムを組み立て、十分な語学力や深い読解力など様々な力を習得し、世界に通用する、時代を切り開ける人となるような教育をおこなっています。

東洋大学文学部の入試情報

東洋大学文学部の入試情報

東洋大学の文学部は、理工学部に比べると偏差値が高めですが難関大学に比べると比較的入りやすいため、難関次第の滑り止めとしても需要の高い大学で、文系脂肪の学生に人気があるため学科によっては非常に高い倍率になることで知られています。

入試情報としては新しい制度のTEAPを利用すると入試の際の英語が免除になるなど非常に受験を有利に進めることが出来ます。偏差値は50を少し超える程度ですので中堅クラスということが出来ます。

年々人気とともに偏差値が上がっていますし都心部の大学です野で今後も合格者を減らす傾向にありますので油断せずに受験する学科に見合った学力がそれ以上の学力を維持しておくと試験当日も安心です。