南山大学外国語学部の偏差値や特徴、入試情報を詳しく解説!

南山大学外国語学部の偏差値

南山大学外国語学部の偏差値

南山大学と聞いて、愛知県にある有名私立大学だとご理解いただける人は少ないと考えられます。しかし、東海地方では、名門大学であり、名古屋大学を目指す人が、同時に受験する大学です。

特に外国語学部は有名です。東京の上智大学との姉妹校でもあり、国際的な学力の向上を目指すことができます。経済学部や経営学部もありますが、外国語学部が最も有名で、簡単に合格することはできません。

必要となる偏差値は、約70です。100人中、数人でなければ合格することはできません。

優秀な人にとっては、すべり止めの大学もたくさんありますが、南山大学の外国語学部は、第一志望にする学生も多く、有名な国立大学に合格しても、当大学に合格できない人もたくさんいるほどです。

南山大学外国語学部の特徴

南山大学外国語学部の特徴

南山大学外国語学部の特徴は、勉強熱心な人が多いところです。南山大学の中でも最も人気があるのが外国語学部の特に英米学科です。外国語が好きで、さらに自分の能力を高めたいと思う行き先意識の高い学生がたくさんいます。

なので、留学にいって自ら勉強する学生もたくさんいます。また、南山大学に留学に来ている外国人もたくさんいるので、日本にいてもたくさん外国人とコミュニケーションとれる機会があります。

特に、ワルードプラザという場所へ行くと、外国人がたくさんいて、日本語を使ってはいけない場所になるので、外国語がすごく勉強になります。将来外国語を使った仕事に就きたい人や、たくさんの外国人と触れ合いたい人に特にオススメします。

南山大学外国語学部の入試情報

南山大学外国語学部の入試情報

南山大学外国語学部では、一般と全学統一個別の二種類があります。一般の入試情報は3教科500点満点が基準となっています。国語は国語総合・現代文B・古典Bとなっています。

外国語は英語表現I・英語表現II・コミュ英I・コミュ英II・コミュ英IIIとなっており、英語表現IIは音声テストがあります。

地歴は世B・日Bのどちらかを選択することが可能で、数学は数I・数IIが範囲となっています。地歴と数学は、どちらか一方を選択して受験することが出来ます。

全学統一個別の入試情報は、3教科450点満点が基準となっています。国語は国語総合・現代文B・古典Bが範囲になっており、外国語はコミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現IIとなっています。

地歴は世B・日Bから選択することが可能で、数学は数I・数A・数IIが範囲となっています。地歴と数学に関してどちらか選択して受験することが可能です。