関西大学外国語学部の偏差値や特徴、入試情報を詳しく解説!

関西大学外国語学部の偏差値

関西大学外国語学部の偏差値

関西大学外国語学部の偏差値は、関西大学の他の文系学部と比較して高いものとなっています。大学受験パスナビが公表している大学受験における偏差値によると、経済学部が52.5~55.0、社会学部が50.0~57.5です。

対して外国語学部の偏差値は60.0~65.0と大学内で最も難易度の高い学部であると言えます。受験科目は3科目受験と2科目受験の二通りあるのですがいずれにも英語と国語は含まれており、3科目受験の場合地歴、公民、数学から1科目選択して受験することになります。

外国語学部の偏差値が高い理由として2年時における留学制度が挙げられます。2年時に1年間の英語圏留学が必ずあり、そこでの単位も卒業所要単位に含まれるため必然的にレベルの高い生徒が必要であると言えます。

関西大学外国語学部の特徴

関西大学外国語学部の特徴

関西の名門大学である関西大学外国語学部の特徴ですが、コミュニケーションスキルの上達のプログラムを組んでいるだけでなく、異文化交流のプログラムも組んでいます。

具体的に言えば留学などを通じて異文化を体験したり、授業にネイティヴの人を招いて外国の文化を学ぶプログラムを定期的にしています。

異文化交流以外にも充実したプログラムを提供しています。通訳になりたい学生に対して、通訳育成プログラムも実施しています。

通訳の理論や技術を体系的に学ぶ事ができるプログラムを提供しており、こちらの授業を受けたら通訳としてのスキルが確実にアップします。このようなプログラムを通じて本当の外国語のプロフェッショナルを育成します。

関西大学外国語学部の入試情報

関西大学外国語学部の入試情報

関西大学外国語学部の入試情報は様々な受験におけるサイトから知ることが出来ます。関西大学の外国語学部は学科がないため、学部内で入試難易度や偏差値が違うということはありません。

関西大学外国語学部の受験方法は、一般入試で個別3教科、全学部2教科、後期2教科の3方法があります。

個別3教科は国語、外国語、そして選択科目(地歴、公民、数学)からなり、学部が独自に作成している問題であるため得意科目があると言う人にはおすすめの受験方法であると言えます。

次に全学部2教科ですが、受験科目は国語、外国語の2科目で、他の学部と同じ問題であるため平均的に点が取れる人にはおすすめです。

最後に後期2教科は外国語と選択科目(国語、地歴、公民、数学)で、合格最低点が他の受験方法よりも高くなります。