獨協大学外国語学部の偏差値や特徴、入試情報を詳しく解説!

獨協大学外国語学部の偏差値

獨協大学外国語学部の偏差値

獨協大学は全学部の偏差値を平均すると、難関大学よりは低めになりますが、外国語学部だけは難関大学と肩を並べる偏差値で、看板学部と呼び名の高い学部です。

特に外国語学部の人気の学科は英語学科になり、次いでドイツやフランス語などがあります。外国語学部の平均的な偏差値は50代後半で難関次第と呼ばれる都内の有名私大の文学部にひけを取りません。

しかし、倍率は都内の有名私大よりも低めですので有名私大の滑り止めに受験する学生が多いのが特徴です。

獨協大学というと、全国的にはそれほど知名度は高くありませんが、語学では都内の有名私大と並ぶ偏差値ですので都内の有名私大と同じかそれ以上に厳しい学習内容の授業が用意されていることで知られています。

獨協大学外国語学部の特徴

獨協大学外国語学部の特徴

獨協大学外国語学部の特徴ですが、英語はもちろんフランス語・ドイツ語・韓国語など世界の主要言語を学ぶ事ができます。講師のほとんどがネイティヴの講師なので、生の外国語を学ぶことができます。

キャンバスにはネイティヴの教授も繰り出しているので、キャンバスにいるだけで留学している気分になります。

獨協大学外国語ではベースの言語として英語の教育をしています。獨協大学外国語学部の英語教育は基本全て英語で行います。講師の中には日本人の講師もいますが、特別に難解な内容でない限りは英語で授業をします。

そのため獨協大学外国語学部に在籍したら、確実に英語の力を身につける事ができます。獨協大学外国語学部にはこのような特徴があります。

獨協大学外国語学部の入試情報

獨協大学外国語学部の入試情報

獨協大学外国語学部の入試情報としては、センター受験の場合ボーダーは割と高めで80%前半が合格ラインと言われています。

外国語学部以外では70%台で合格できる学科が多い獨協大学ですが、外国語学部だけは都内の難関大学と同じくらいのレベルを要求されます。

獨協大学外国語学部は外国語が得意もしくは外国語を広く深く学びたいと希望する人が多く集まりますので、レベルの高い学生が集まりますが倍率はそれほど高くはありません。

他の難関私大の滑り止めとしても人気ですので合格は偏差値の割には難しくありません。センター入試の合格ラインは高めですが、センター入試は問題が簡単ですので合格しやすく、一般入試も問題が他の難関私大ほど難しくないのが特徴です。